テント倉庫導入を検討中の方必見!テント倉庫に関するよくある疑問に回答します!

当サイトはテント倉庫に関するさまざまな情報を掲載しているサイトです。
テントの倉庫を導入することを検討している人にとっては必見の、テントの倉庫に関するよくある疑問についても回答しています。
テントの倉庫に設置されている屋根形状の種類のことも、このサイトでは紹介しています。
テントの倉庫の施工には、どれくらいの期間がかかるのか、という疑問にも解説していて、このタイプの倉庫に関連した情報をまとめて知ることができます。

テント倉庫導入を検討中の方必見!テント倉庫に関するよくある疑問に回答します!

テント倉庫の導入を検討している人のよくある疑問の一つが、テント倉庫にはどのようなメリットがあるのかということです。
テント倉庫のメリットの一つは、短時間で倉庫を建設することが可能なことです。
一般的な建物を建設するのにかかる時間の半分以下で、建設することもできます。
製品を保管するための倉庫が急に必要になったような時にも、短時間で建設できる倉庫です。
建設のための費用が安いことも、テント倉庫のメリットです。

そもそもテント倉庫とは?どのようなメリットがある?

テント倉庫とは、鉄骨で骨組みを組み立て、それにシート膜を張ってつくられた倉庫のことです。
もっと詳しく言うと、テント倉庫とは2002年の国土交通省告示第667号の条件に基づいて建てられ、かつ使用されているもののことをいいます。
主な使用用途としては、製品倉庫や製品仕分け場所、機械整備場所、運輸・海運の保管庫などです。
テント倉庫は、わりと簡単な構造ではありますが、好き勝手に建てていいというものではなく、ちゃんと基準を満たし、建築確認申請も行わなければなりません。
テント倉庫のメリットは、なんといっても簡易な構造なので建築が容易だということでしょう。
わりと短期間のうちに建てることができますし、メンテナンスも簡単です。
屋根や壁はシートですから錆が発生することもありません。
またシートは薄いですから採光性能が高く、日中などなら照明をあまり使わなくても明るくできるので、電力を節約できるメリットもあるでしょう。

テント倉庫の価格はどれくらいが目安?

テント倉庫は骨組みになる支柱を組み立ててからシートで囲むだけの構造になっていて、簡単に設営ができるので利用している人が多くいます。
本来の目的は荷物を一時的に保管する倉庫ですが、他にもイベントの休憩所や自動車の車庫など、所有者の目的でその用途が広がって行くことが可能です。
また、テント倉庫のメリットには価格も該当していて、同じような大きさの建物を建設する場合と比較しても、その値段はとても安くなっています。
このテント倉庫については大きさや形状などで販売価格に違いがありますが、多く利用されている縦横高さが共に2メートル程度であると、3万円から5万円が相場になっています。
もっと安いタイプもありますが、それらはシートが屋根部分しかなかったり支柱の強度が弱いなどデメリットがあるので、できるだけ一般的な相場を考慮して購入するようにしてください。
テント倉庫を購入する場合の目安では新品を対象にしていますが、中古品になればその半値以下でも入手することは可能です。
ただし、中古の場合は支柱やシートに破損している部分がある可能性があるので、短期間ですぐに撤去してしまうような場合であればいいのですが、一定期間の利用を考えているのであれば新品を購入することをおすすめします。

テント倉庫の耐用年数はどれくらい?

設置のハードルが低くてコスト的なメリットも優れるテント倉庫は、素材の特徴から耐用年数が気になるのではないでしょうか。
屋外に設置して使用する都合上、紫外線の影響や雨風による劣化は避けられませんし、目に見える大きな穴が開くようなことはなくても確かに寿命はやってきます。
一般的にテント倉庫の耐用年数は10年が目安といわれていますが、目安はあくまでも目安で実際には環境や使い方にもよります。
具体的にはフレーム部分が30年ほど、テント地が10年ですから、テント地を修繕したり交換すれば寿命は延びます。
これらの数字は最低ラインなので、こまめに修繕して使えば更に長く使える可能性があります。
テント倉庫のフレームは一般的に鉄骨なので、腐食によるサビが寿命を大きく左右する要素です。
テント地は、使い方によっては摩擦で傷がついたり、部分的に穴が開くことがあるので、金具などを引っ掛けたり傷つけないように注意することが大事です。
テント倉庫は最低でも10年は持ちますし、使い方次第で15年以上の寿命にも期待できますから、しっかりと考えて運用やメンテナンスをすることが大切ではないでしょうか。

テント倉庫を建てる際に建築確認申請は必要?

テント倉庫は告示667号の基準を満たすことが大前提ですが、この基準を満たしていても条例の中で規定されている地域の用途および制限によりテント倉庫の建築許可が下りないことも珍しいことではありません。
このことからも、テント倉庫を建てるときには建築確認申請が必要になるわけですが、建築確認は面積が10平方メートルを超える建築を設置するとき建築基準法の規定により特定行政庁もしくは建築確認検査機関に対して申請を行って許可を得た上で建設ができるルールになっています。
建築基準法上ではテントの中が付いていても通常の建築物と同等の扱いになってきますので申請は必須になるわけです。
仮に、建築確認をせずに10平方メートルを超えるテント倉庫を設置するとそれは違法建築に該当するので処罰および撤去の対象になるので正しい認識が求められます。
また、500平方メートル未満では消化器、500平方メートル以上では消化器と火災報知器、そして700平方メートル以上の場合は消化器と火災報知器に屋内消火栓などの設備が必要です。

テント倉庫は地震が起こっても大丈夫?

テント倉庫は、軽量鉄骨とシート膜でつくる簡易的な倉庫で、安く早く作れるというのが魅力です。しかし、ふつうの鉄筋コンクリートづくりの倉庫よりも脆そうに見えるのは否めません。大きな地震などがきたら危ないのではないかと考える人もいるでしょう。ただ実際は、テント倉庫は鉄筋コンクリートづくりの倉庫などよりも耐震性が高いとされています。軽い素材で作られており、揺れに対してテント倉庫事態が従うような感じになるため建築物への被害は出にくいです。万が一建築物が破損したとしても、もともと軽量鉄骨とシート膜を張ってあるだけという簡単なつくりであるため、復旧工事をわりと簡単に行うことが可能でしょう。テント倉庫は、耐震性能が高いですが、経年劣化することで耐震性能が低下していくので、定期的にメンテナンスをすることが重要です。こまめにメンテナンスを行うことで、耐震性能を維持することができます。平均的な耐用年数は長くても20年くらいとされているので、それが経過したら建て直しを検討することも必要です。

テント倉庫にも消防設備の導入は必要?

テント倉庫は、低コストかつ短期間で建築できるというメリットがありますが、テント倉庫も建築物なので消防法に基づいて消防設備を設置しなければなりません。消防設備は、大きく火災報知器や非常放送といった警報設備、非常用照明器具や避難はしごなどの避難設備、消化器やスプリンクラーといった消火設備の3種類に分けられます。どの設備を設置すべきかは、テント倉庫の延床面積によって異なり、面積が広くなるほど多くの設備を設置する必要があります。基本的には、延床面積が150㎡以上500㎡未満では消化器を、500㎡以上では消化器と自動火災報知器を、700㎡以上では消化器と屋内消火栓が必要です。なお、屋内消火栓には1号と2号の2種類があります。2号消火栓は1人でも操作可能ですが、放水性能が低いので工場や倉庫には設置できません。そのため、テント倉庫では1号消火栓を導入する必要がありますが、1号消火栓は2人以上での操作が求められる上に、訓練を行っておく必要があります。

テント倉庫で行っておくべき暑さ対策は?

テント倉庫は、夏場に内部が高温になりやすく、日中は室温が40℃を超えるケースも少なくありません。このような環境を放置すると、内部で作業する従業員の作業効率が低下する恐れがあるとともに、熱中症のリスクも高くなります。そのため、テント倉庫を導入する際は暑さ対策を十分に講じておくことが大切です。テント倉庫でできる暑さ対策としては、まずベンチレーターよる換気が挙げられます。ベンチレーターとは、室内と室外の空気を入れ替えるための換気装置のことで、設置することで熱気を外部に逃がすことができます。また、グラスウールなどで作られた遮熱性や断熱性が高いシートを採用するのも効果的です。現在は、高性能な遮熱シートが存在しており、導入することで室温を3~5℃ほど軽減することができます。さらに、倉庫の内側に生地を張って二重構造にするのも良いでしょう。内幕を設けると外気温の影響を受けにくくなるとともに、結露対策としても有効です。その他にも、必要に応じてアルミサッシ窓やスプリンクラーの設置、スポットクーラーや空調服の導入も検討しましょう。

テント倉庫のセキュリティ性を高める方法は?

テント倉庫は、通常の倉庫と比べてセキュリティ性が低いという側面があります。しかし、ガルバリウム鋼板製の外壁を採用すれば、セキュリティ性を高めることができます。ガルバリウム鋼板製の外壁は、簡単には破壊することができないので高い防犯効果が期待できます。防犯効果が得られるだけでなく、テント倉庫全体の耐久性が向上するとともに、鋼材の中でもくすみが少ないという特徴があるので見た目も良好です。天井面はテント生地が使用できるので、倉庫内の明るさに影響が及ぶ心配もありません。また、ガルバリウム鋼板製の外壁を導入する以外にも、防犯カメラを設置するという方法もあります。近年は、カメラの画質も向上しているので、不審者の顔や車のナンバーなどが鮮明に確認できるようになっています。加えて、複数台の防犯カメラをスマホやパソコンなどで一括管理したり、遠隔監視したりすることも可能となっているので、必要に応じて導入を検討しましょう。

テント倉庫はレンタルやリースでも導入できる?

テント倉庫は、比較的リーズナブルな価格で導入できるものの、導入費用が確保できないというケースも少なくないでしょう。しかし、テント倉庫を導入する方法は購入だけではなく、レンタルやリースでも導入可能です。これらの導入方法を選択すれば、導入費用を大幅に抑えられますが、これらの導入方法は契約期間やコストなどに大きな違いがあるので注意が必要です。レンタルは、基本的に短期的に利用する場合に選択する契約で、契約期間は基本的に1年以内となっています。また、契約期間が残っていても中途解約できるというメリットがありますが、料金についてはリースよりも割高です。一方のリースは、契約期間が3~7年と長期にわたるのが特徴で、月々のリース料を経費処理できるというメリットがあります。ただし、契約期間中の中途解約は原則として認められていないので注意しましょう。このように、これら2種類の導入方法はそれぞれ特徴が異なるので、テント倉庫の利用目的や状況に合わせて選択することが大切です。

テント倉庫に関する情報サイト
テント倉庫の疑問を解決

当サイトはテント倉庫に関するさまざまな情報を掲載しているサイトです。テントの倉庫を導入することを検討している人にとっては必見の、テントの倉庫に関するよくある疑問についても回答しています。テントの倉庫に設置されている屋根形状の種類のことも、このサイトでは紹介しています。テントの倉庫の施工には、どれくらいの期間がかかるのか、という疑問にも解説していて、このタイプの倉庫に関連した情報をまとめて知ることができます。

Search